ハイドロキノンの詳しい内容や副作用

ハイドロキノン紹介

脇の黒ずみ対策として販売されているスキンケア用品は探せば探す程たくさん出てきます。

 

効果が高いスキンケア用品をチョイスして自分の脇の黒ずみ対策を行なったとしても、もしかしたら副作用が出てくる事だって有りえます。

 

その中でも特に代表的なのが「ハイドロキノン」と言われる成分が配合しているスキンケア用品です。

 

美白に関心の高い女性は知っている成分ですが、そのずば抜けた美白力の高さから「究極の美白成分」だったり「肌の漂白剤」とまで言われているくらいです。

 

このハイドロキノンは効果が高い反面、様々な副作用が報告されているのです。
ここでは、ハイドロキノンの詳しい内容や副作用についてご紹介していきます。

 

 

 

そもそもハイドロキノンってどんな成分?

ハイドロキノンってどんな成分?

 

シミ対策と言ったら「ハイドロキノン」!

 

それくらいシミ対策では有名なキーワードだと思います。
でも、ハイドロキノンについて詳しい内容はわからなかったりしますよね。
ここで、ハイドロキノンの情報を詳しく説明したいと思います。

 

ハイドロキノン

 

古くから美白成分として活躍している成分で、皮膚を紫外線などによる損傷から守る作用があります。
また、イチゴやコーヒーなどなどにも含まれている参加を抑える還元作用のある天然成分です。

 

その効果はチロシナーゼと言われるメラニン色素を合成する酵素を抑制させることができたり、メラニン色素の元であるメラノサイトを破壊しれくれる働きもあるのです。

 

更には肌の美白にもアプローチでき、ビタミンCやコウジ酸、アルブチンなどといった他の美白成分の約10倍〜100倍とも言われているほどなのです。


 

つまり

シミの原因であるメラニンを作らせなくする肌の漂白剤なのです。

 

 

病院などでシミを消す方法を相談するとハイドロキノンなど美白剤を配合した軟膏のようなものを処方してもらえる

 

 

しかし、基本的には医療機関や薬剤師がいる薬局でのみ取り扱いになっています

 

 

基本的に、病院で処方してもらうものは非常に強力なため、保管などが難しく、使い方などが間違うと肌トラブルが起こってしまう事もある。
そのため、基本的には医療機関や薬剤師がいる薬局など、知識がないと取り扱いができないのです。

 

しかし、ハイドロキノン配合のスキンケア用品を市販でも購入することが出来るのです。

 

 

 

ハイドロキノン|市販と病院での違い

違いを紹介

ハイドロキノンを配合しているスキンケア用品は市販で購入できると先程言いました。

 

ここで疑問がありますよね!

 

基本的には病院での処方なのになぜ市販でも購入する事が出来るのか?

 

ポイントはハイドロキノンの濃度に関係があったのです。

 

ハイドロキノンを病院などで処方してもらう場合、ハイドロキノンの濃度は2%〜5%が多いです。
(処方してもらう病院によってハイドロキノンの濃度は変わってきます。)

 

一方で、市販で売られているハイドロキノン配合のスキンケア用品の場合、ハイドロキノンの濃度は2%未満とされています。

 

 

厚生労働省が関係している

 

ハイドロキノンは2%以上スキンケア用品に配合してしまうと、無知な方が使用してしまうことにより、白斑ができたり様々な肌トラブルが起きてしまう事があるのです。
その為、厚生労働省により日本では、市販で購入できるハイドロキノンは2%未満であれば許可されているのです。
逆に言えば、2%以上のハイドロキノン配合のスキンケア用品は厚生労働省によって禁止されているのです。

 

 

5%以上の濃度のハイドロキノンは動物実験で発がん性が指摘され、ヨーロッパでは使用が禁止している国もあるとのことです。

 

そのような肌トラブルが起きないためにも安全に使用することができる「2%未満」が目安なのです。

 

 

このように、厚生労働省が関係しているため、市販でもハイドロキノンは購入できるのですが、ハイドロキノンの濃度は2%未満。
病院で処方してもらう場合、正しい使用法や取り扱い方を認知しているため、ハイドロキノンの濃度は2%以上のものでも許可されているのです。

 

 

 

市販のハイドロキノン配合商品は100分の1程度しか効果がない

驚き

市販で売られているスキンケア商品は、アルブチン、コウジ酸、各種植物エキスなどを配合したものが多く販売されています。
ですが、効果はハイドロキノンの100分の1程度でしか期待できないのが現状です。

 

先程も言ったように、日本ではコウセイ労働省による安全性などの検証の結果、ハイドロキノンの濃度は2%まで配合することが許可されていますが、病院で処方してもらう濃度よりも低く設定されています。

 

そのため、実質効果はほどんど期待できないと言われています。

 

 

 

脇にもハイドロキノンって使えるの?

疑問

ハイドロキノンと聞くと顔に出来た色素沈着部などに使う事が多いのですが、脇の黒ずみにも使う事が可能です。

 

ただし、脇の皮膚は顔の皮膚よりも薄いため、副作用などにも注意したほうが良いのです。

 

それに、脇の部分は衣服による摩擦などの刺激が多いため、より副作用が出やすい部位でもあるのです。

 

もし、ハイドロキノンを使用する場合は正しい使用法を守る事が大切です。

 

 

 

ハイドロキノンの副作用について

副作用について

黒ずみ対策としても使える、更には脇の黒ずみにも使える。
それに、美白効果が高い成分と言うことがわかりました。

 

成分の効果が高いだけに、やはり気になるのが副作用だと思われます。

 

結論から言うとハイドロキノンには副作用はあります!

 

正しい使い方をしなかったり自分の体質に合わなかった場合、濃度の高すぎるものを使用してしまった場合などに、次のような副作用が現れることがあるのです。

 

 

赤みや炎症

 

自分の体質に合わなかった場合や劣化したハイドロキノン配合のスキンケアを使用した場合に起きやすい副作用です。
ハイドロキノンは安定性が悪く、酸化しやすいため取り扱いが難しいと言われています。酸化してしまった場合、ベンゾキノンと言われる刺激が強い成分で、肌に負担をかけてしまうことがあるのです。

 

 

黒ずみの悪化

 

脇の部分であればさほど関係が無い事なのですが、ハイドロキノンには紫外線を浴びると黒ずみを濃くしてしまう作用があるのです。

 

もし、脇の黒ずみ部分に紫外線が当たってしまうと逆効果になってしまう事も。
黒ずみ対策をするのであれば、紫外線対策も加えて行う事が大切です。

 

 

かゆみ

 

使用後、塗った部位がピリピリとした刺激やかゆみや軽い熱などを感じる場合があります。すぐおさまってしまうものなら問題ないのですが、いつまでもかゆみが続いたり、時間の経過とともに酷くなる場合もあります。何らかの原因で体に合わなかった場合に起こることがあります。

 

 

白斑

 

濃度が高いものを長期間使用してしまうと、使用部位が必要以上に白くなってしまうことがあります。濃度が低いものならまだしも高い濃度を使うと白斑のようなトラブルが起こってしまうのです。

 

 

 

副作用がないクレアフォートがオススメ!

クレアフォート

病院で処方されるハイドロキノンや市販で売られているハイドロキノン配合のスキンケア用品は濃度は違っても副作用が出ないとは限りません。

 

市販の濃度が2%以下のものであっても、赤みや炎症、かゆみなどの副作用が起こってしまう事があります。

 

 

脇の黒ずみ対策のつもりが更に肌トラブルを引き起こしてしまうことになってしまったらかなりショックですよね。

 

黒ずみ対策プラス肌トラブルの改善までしなくてはならないのですから、完治するまで更に時間がかかってしまいます。

 

それなら、副作用が出ない脇の黒ずみ対策ケア用品がオススメです。

 

当サイトでは、副作用が出るかもしれないハイドロキノン配合のスキンケア用品よりも副作用が出ない「クレアフォート」の方が脇の黒ずみ対策としても肌トラブルに対してもオススメです。

 

市販で売られている脇の対策ケア用品の中でも口コミ評価が高いクレアフォートを紹介してありますので下記のリンクよりお進みください。

 

 

 

副作用が出ない脇の黒ずみ対策のクレアフォート