デリケートゾーンの黒ずみを解消して美白を手に入れる!

美白

普段の私生活ではあまりデリケートゾーンは他の人に見られないから

 

別に処理しなくてもいいや!

 

そう思う人もいるかもしれませんが、彼氏・好きな人がいる場合はそうではいかなくなるものです。

 

ちゃんと処理しておかないと・・・!

 

そうは言っても普段の処理はお風呂場でカミソリなどで剃る処理か自分で抜くくらいでしかないと思います。でも、正しいデリケートゾーンの処理をやらないと黒ずみへと変わってくるのです。それに、黒ずみになるとコンプレックスも抱いてしまうので大変です!
彼氏・好きな人に見せられないデリケートゾーンにはしたくないはず!

 

そんな方の為に、黒ずみを解消して”美白”を手に入れる方法をご紹介!

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみケアってどうやればいいの?

疑問

デリケートゾーンの黒ずみがなってしまう原因を簡単に述べると”2つの要因”に分けられます。

 

外部要因内部要因です。

 

では、それぞれどのような要因なのかざっくりと見てみましょう!

 

外部要因

 

刺激と摩擦によって黒ずみが発生してしまう

 

内部要因

 

妊娠、出産や女性ホルモンの乱れ、加齢により黒ずみが出来てしまう

 

 

このように、黒ずみの原因は外から起こってしまう要因と体の中から起こってしまう要因があるのです。なので、対策としては外部からのケアや内部からのケアが必要になってくる訳なのです。

 

重点を置くとすれば外部からケアをする方がやり易いかと思います。

 

内部ケアについてはバランスの摂れた食事、ストレスを溜めない、十分な睡眠と当たり前な対策になってきてしまいます。

 

外部からのケアについては刺激と摩擦による問題が強いため、簡単に行うとすればいつもお風呂で洗う「洗い方の改善」や「弱酸性などの肌に優しい物を使う」、「下着類のサイズを改善する」が挙げられます。その他には「黒ずみに有効な成分を配合している物を使う方法」もあります。

 

 

理想的な洗い方5箇条

  • 弱酸性の石けんを泡立てネットを使って十分に泡立てる
  • デリケートゾーンは擦らずに泡を置いて放置(泡パック)する
  • 放置し過ぎると必要な成分がなくなる為、2分以内に洗浄
  • 洗浄後はぬるま湯で優しく洗い流す
  • お風呂後には保湿をしっかりと!

 

 

忙しい日や面倒くさい日はあるかと思います。それを抑えて徹底すれば黒ずみ対策はもちろんのこと、健康な肌の状態を保てるようにもなるのです。理想的な洗い方をマスターしてキレイな肌を手に入れましょう!

 

 

 

30代からは特に黒ずみケアが必要!?

ケアが必要!?

30代の肌は20代の肌に比べるとやや劣っています。

 

原因は”加齢”にあるのです。

 

30代の肌は加齢により、血行や代謝機能が低下し、肌のターンオーバーが乱れてしまいます

 

 

ターンオーバーは約28日周期で肌の細胞が生まれ変わると言われています。(個人差によって変わってきます。)

 

タンオーバーが乱れてしまうと細胞の生まれ変わりが遅くなり、黒ずみの原因であるメラニン色素が蓄積され色素沈着を起こしてしまうのです。これが黒ずみの正体なのです。

 

そのため、30代は肌が黒ずみやすくなってしまう年代なのです。30代からは右肩下がりになっていき、50代では2〜3週間程遅れていくのです。

 

対策が遅れるとどんどん黒ずみが悪化していく事が予想されます。病気でもそうですが、悪化してしまうと治りが遅くなってしまいます。何事も早期発見、早期対策が求められます。
黒ずみも同じで早く対策、対処すれば治りも十分に早くなっていきます。

 

30代からの方はできるだけ早めの対策を行いましょう!

 

 

 

アソコから異様な臭いがする!?黒ずみとの関係性は?

アソコから異様な臭いが!?

自分のアソコから異様な臭いがする!?」なんて人も中にはいるかもしれません。

 

そんな方に当てはまるのは、もしかしたら清潔にしたいがために、念入りにゴシゴシと陰部を洗っていませんか?

 

それが原因でアソコから異様な臭いを発しているのだと考えられます。

 

 

 

なぜゴシゴシ洗うのが原因なのか?

摩擦や肌の強い刺激によって、皮膚が必要な菌まで流してしまい、肌の自浄作用が弱まり黒ずみだけでなく、臭いの原因も作ってしまうのです。

 

デリケートゾーンの洗いすぎは肌に必要な常在菌がいなくなることで、皮膚の粘膜部分の免疫力が落ちてしまい、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。その為、「臭いが強くなった」、「痒みが出ている」、「皮膚がかぶれている」など炎症やカンジダ膣炎にも繋がってしまうリスクも高くなってしまうのです。

 

そのような肌トラブルにならないためにもアソコを洗う際には必要以上にゴシゴシ洗わずに優しく洗うよう心がける事が大切です。「アソコ=デリケートゾーン」と言う様にアソコの部分は非常にデリケートな肌なのです。洗う石けんも”弱酸性”の肌に刺激がない物を使うことをオススメします。

 

 

 

どの対策商品が口コミ(評判)が良いのか?

どれが評判がいいの?

ネットで検索しても「黒ずみ対策商品」はいくつもヒットすると思います。
それで実際に思うのが

 

どの対策商品が評判が良いのか?

 

黒ずみ対策を実践した事がある人は思ったはずです。

 

黒ずみ対策商品にもいろいろと種類があり、

  • 液体タイプ?
  • クリームタイプ?
  • 石けんタイプ?
  • ジェルタイプ?
  • ○○○成分を含んでいる商品?

 

どれを選ぶかにもよって使い方が変わってきます。これは自分で調べてみて使いやすいなと感じた対策商品を選んで試してみると良いと思います。

 

実際に個人差があるので一概にどれが良いとは言い切れませんが、一つの目安としては”口コミ”がベースとなるでしょう。口コミ評価を基準にしてどれが良い商品なのか探すかと思います。

 

当サイトとしてはその中でもオススメしているクリームタイプに絞ってご紹介したいと思います。

 

 

 

黒ずみクリームが対策の鍵!?

黒ずみクリーム

巷で市販されている美白化粧品などには、確かに色素沈着にアプローチする商品がたくさんあります。でも、あくまで「美白予防」や「代謝美白」が目的の物が多いと思います。
美白予防はこれから色素沈着が起こってしまうことに対して防ぐ(予防)すること。
代謝美白はターンオーバーを正常化へ導くようメラニンの生成を促すこと。

 

と言う事は、もう黒ずみになってしまっている肌にはあまり効果がないと言う事なのです。

 

しかし、今口コミで人気となっている黒ずみ対策クリームは

 

色素沈着を予防する

ターンオーバーを正常化へ導く

 

ことに加え、

 

直接メラニン色素に働きかけ、すでに出来てしまった色素沈着を撃退することができる

 

と言うのが特徴なのです。

 

今の黒ずみ対策クリームにはそんな付加価値が上乗せしてキレイな肌に導いてくれるのです。もちろん、質の良いクリームでは「無添加」、「無香料」、「国産」など敏感肌や乾燥肌、安全性にこだわっている方にもおすすめできるような黒ずみ対策クリームが販売されているのです。

 

 

ココも要チェック!今では薬事法の規制があり、医薬品、医薬部外品、化粧品などがあります。

 

医薬品は病院で処方される薬なので有効成分がある為、使用にはきちんと守ることが鉄則となります。なので、市販の物では医薬品は買えません。病院へ行くのが恥ずかしい、面倒くさいと言う人には、その次に有効な成分が含まれている「医薬部外品」をチョイスしましょう!

 

医薬部外品と言うのは医薬品ではないのですが医薬品に準ずるもの

 

 

つまり効果や効能が認められている成分が配合されていますが、その成分によって病気や怪我などを完璧に治療するのではなく、予防に重点が置かれているものです。

 

必ず効果はあるとは言いがたいですが、「効果が期待できますよ!」と言うものです。


 

それに「医薬品よりもあまり副作用がない」、「成分名の表示義務があるため安心できる」と言うのも特徴です。

 

副作用がなく安全に使ってみたいと言う人にはオススメですね!

 

 

 

 

人気のデリケートゾーンの黒ずみクリームはコチラ!