ファンデーションで脇の黒ずみを隠す方法はNG!

ファンデーション

脇の黒ずみが気になってオシャレが出来ない!
そんな悩みの種をお持ちの女性は少なくないと思われます。女性にとってオシャレは必要不可欠と言って良いほど大切な事です。
そのオシャレが出来ないとなるとストレスが溜まっちゃいそうですからね。

 

でも、そんな時に使えるのが”ファンデーション

 

ファンデーションを使って脇の黒ずみを隠す方法があるのです。顔用のファンデーションでも良いのですが、脇専用のファンデーションの方が脇と言うコンディションに適している為、使う際には脇専用のファンデーションの方が良いですね。

 

ただ、ここで一つ知っておかなければならないのが、ファンデーションは”一時的な効果”に過ぎません。あくまでも、緊急時で”脇の黒ずみを隠す”だけです。治すものではないので注意が必要です。

 

黒ずみが酷い方もファンデーションではカバーしきれない部分もあるので要注意です。

 

緊急時、脇にファンデーションを使って黒ずみを隠すのは良いのですが、その後の”ファンデーションを落とす作業”が悪化させるかさせないかの瀬戸際なのです。

 

脇のファンデーションを落とす際に毛穴に汚れが残ったままですと、悩んでいた黒ずみが更に悪化させる事態になりかねないのです。

 

 

それだけの為に黒ずみになるリスクを上げるのであればファンデーションで隠す対策はやらない方が身の為です。

 

 

自分に合わないデオドラント商品はNG!

デオドラントスプレー

脇は元々汗や皮脂の分泌が盛んなことから、ある程度は避けられない部分もあります。

 

脇の黒ずみで悩んでいても脇の臭いがキツかったり、汗が出てきてデオドラント剤を使用するかと思いますが、自分に合わないデオドラント商品は逆に自分の肌にダメージを与えているかもしれない場合があるのです。

 

 

例えば、

 

  • 何気なく香りが良いからと言って刺激が強いデオドラント剤を購入した
  • 新しくデオドラント剤を使ってみた結果、着けた時に違和感があった
  • 刺激は少ない物を選んだ。でも、なぜか違和感があった

 

 

このように使ってみた時に「違和感」があるものは自分には合わないデオドラント剤だと思います。

 

また、違和感がある時は次のような使い方にもなっていないでしょうか?

 

  • 付ける量は気にしない
  • 低刺激のデオドラント剤でも至近距離でいつも使っている
  • 脇に直接付けるシートタイプのものでごしごしといつも使っている

 

実際にあるような例をいくつか出しました。
「低刺激のデオドラント剤を選んだから脇にも負担が少ないから大丈夫!」
そう安堵している方は要注意なのです。使い方次第でも脇の黒ずみの原因に繋がる事も有り得るのです。

 

 

スキンケア用品の多様もNG!

スキンケア用品の多様

毎日のスキンケアとしてムダ毛処理の後に化粧水や乳液で脇をケアしている人も少なくないと思われます。

 

確かに、脇のムダ毛処理後には皮膚がカミソリ負けなどを起こしてしまい、ヒリヒリしてしまったり痒くなってしまったりしている方もいると思います。

 

この状態は皮膚が多少なりとも傷つけてしまっている状態になってしまっています。そこから雑菌などが入ったりしてしまうと、発疹が出てブツブツした状態などになってしまいます。

 

しかも、ムダ毛処理後は乾燥しがちになってしまいます。この状態も、黒ずみを引き起こす原因となっているのです。

 

その対策として、化粧水や乳液で刺激を少なくする工夫をして肌の負担を抑えるという意味では良いかもしれませんが、あれこれとスキンケア用品を使用する事で逆に脇へ刺激を増幅させている場合もあるのです!

 

脇の皮膚は他の部位の皮膚よりも薄くデリケートな部分ですし、自己処理や摩擦などで皮膚が傷む機会が多くある部位にあたります。こうして弱った脇の皮膚に、刺激が強い弱いに限らずスキンケア用品を色々と使ってしまったり、保湿をあまり補えないものを使ってしまったりと、スキンケアの仕方を間違ってしまうと、黒ずみを悪化させる原因となるのです。

 

スキンケア用品の多様には注意が必要ですね!

 

 

レーザー脱毛による脇の黒ずみを隠す方法はNG!

レーザー脱毛

ムダ毛を自己処理で行っているから脇の黒ずみが発生してしまう。だから、自分でムダ毛を処理しずにプロの力を借りて脱毛をしようと思って脇の黒ずみ対策をする。そうすれば、自己処理でのムダ毛処理よりも遥かに皮膚へのダメージが抑えられる!

 

しかし

 

実はこの脱毛にも脇を黒ずみへと導いてしまう落とし穴があったのです。

 

脱毛にも色々と種類がありますが、その中でも”レーザー脱毛”が落とし穴だったのです。
レーザー脱毛器から発せられるレーザーの熱には皮膚に当てる事でメラニン色素が反応して、黒ずみを引き起こしてしまう原因になってしまう事があるのです。それに、脱毛後の脇は皮膚が乾燥している状態になります。皮膚の乾燥も黒ずみの原因の一つですから、ついつい痒くてかいてしまいがちにもなりますから注意が必要なのです。

 

では、レーザー脱毛はダメなの?と思うかもしれませんが、どういったアフターケアをしているのか?脇の黒ずみ対策はどんな感じでしてくれるのか?などを事前に確認してから行えば不安はある程度解消されるかと思います。

 

 

男性用のカミソリを使って脇の黒ずみを隠す方法はNG!

男性用カミソリ

よく脇のムダ毛が剃れるからと言って女性が男性用のカミソリを使用すると、返って黒ずみを引き起こしてしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

なぜなら、女性の皮膚は男性の皮膚よりも柔らかいからです。もし、今男性用のカミソリを使っている方がいれば止めておいた方が無難です!

 

また、カミソリの刃を定期的に替えない方も「NG!」

 

古い刃のまま使っていると、カミソリの刃が劣化して切れ味が悪くなってしまっています。すると、皮膚を傷める原因となってしまい、脇の黒ずみの原因となるのです。

 

特にお風呂場で処理をしている方は湿気などですぐにカミソリの刃がサビてしまいます

 

 

 

 

当サイトオススメ!脇の黒ずみ対策