ルミキシルとその効果とは

効果とは? 
ルミキシルはハイドロキノンより17倍高い有効性を持っています。

 

ハイドロキノンを使っていても肌に合わなかったりした方はルミキシルに切り替える方もいるくらい医療機関や美容クリニックでも多く使用されている成分なのです。

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われているが、化学物質のアレルギーを起こす事がある為、肌が弱い人には向いていない成分でした。


 

ルミキシルは天然のアミノ酸からなるたんぱく質で、シミの原因であるメラニンの生成に関係している”チロシナーゼ”を阻害してくれます。その為、メラニンをできにくくしてくれる効果があり、脇の黒ずみ対策の有力候補として挙がっているのです。

 

裏付けデータ

チロシナーゼと言われるメラニンの生成を引き起こす酵素を86%抑制、メラニンの抑制効果は40%と確認されているのです。

 

これらがどんな肌に導いてくれるのかと言うと、

 

  • 肌のキメを整えてくれる
  • 肌を引き締めてくれる
  • 透明感のある肌に近づけてくれる

 

このような効果があるといわれています。

 

更には、刺激も少ないため肌へダメージを与えることなく、敏感肌の方でも使う事ができるのです。だから、ハイドロキノンからルミキシルに切り替える方も多くなったのです。

 

ちなみに、ルミキシルはアメリカのスタンフォード大学の皮膚科研究者によって開発された新しい成分である「ルミキシルペプチド」を配合したクリームで、次世代型コスメと言われるほどなのです。

 

 

 

ハイドロキノンとルミキシルは似ているようで似ていない

似ていない 
ハイドロキノンもルミキシルもどちらも脇の黒ずみ対策として使うものなのですが、体の中での働き方がちょっと違うのです。先程も紹介しましたが、ハイドロキノンがなぜ刺激が強いのかもここでわかってきます。

 

ルミキシルは一言で「チロシナーゼを阻害する」

ハイドロキノンは一言で「メラニン細胞を壊死する」

 

 

チロシナーゼを詳しく説明すると、

肌が紫外線を受けたりストレスを感じると、活性酸素が発生します。
この活性酸素が発生してしまうと、皮膚の奥にあるメラノサイトへ情報伝達物質が送られ、この指令で活性化してしまうのが「チロシナーゼ」と言われる酵素です。

 

メラニンは作られたばかりだと「チロシン」と言うアミノ酸ですが、チロシナーゼが活性化し、チロシンに作用することで、チロシンは黒いメラニンに変化するのです。

 

肌の機能が正常であれば問題ないのですが、ターンオーバーが崩れたり、紫外線などの影響でメラニン色素が過剰に作られたりすると、チロシナーゼが活性化し、肌に黒ずみの元が蓄積したり沈着してしまうのです。これがシミやそばかすとなって現れてくるのです。

このことから、ルミキシルはチロシナーゼを阻害することで、黒いメラニンが生成するのを防ぎ、シミやそばかすの原因を抑制させるのです。

 

 

一方、ハイドロキノンの場合を説明すると、

メラニンの生成を抑制するのではなく、メラニン細胞を壊死させて強制的にシミになっている部分を排泄するよう促すメカニズムです。それに、ベンゾキノンと言われる刺激が強い成分が含まれているからなのです。

 

と言う事は、肌への刺激や細胞の毒性が強く、皮膚が薄くなってしまうこともあるのです。その為、長期の使用はできない事がわかります。

 

 

要チェック!

このように、ハイドロキノンとルミキシルは脇の黒ずみ対策として使用するのは同じなのですが、黒ずみを対策する工程が違っているのです。

 

 

 

ルミキシルの使い方

使い方紹介 
肌の汚れや皮脂を洗顔で充分に落としてから、タオルで水気を拭き取り、乾いた肌に適量(1〜2プッシュ)して肌全体に塗ります。

 

その後、美容液やナイトクリームを塗る際にはルミキシルを塗った後(5分〜10分間くらい放置した後)に使用することがオススメです。

 

ただ、ルミキシルには保湿成分も含まれているので、化粧水をやらなくとも充分潤うかと思います。

 

ポイント

ルミキシルのクリームを塗る前には肌に何も塗らないように!

 

 

1番肌に浸透してくれるのが肌の汚れや皮脂をしっかりと落とした状態「素の状態」です。
ルミキシルに限らず言えるのですが、美容液などを使う際には肌に汚れや皮脂があると充分に肌に浸透してくれない場合もあるのです。

 

 

 

ルミキシルの期間

紹介 
ルミキシルの使用期間は長期に渡り使用が可能です。

 

ハイドロキノンの場合、成分自体がとても強いため、長期にわたっての使用は肌を白く色抜けしてしまう事があるのですがルミキシルは「非毒性」なので、部分的に白く色抜けする事が無いので、長期使用が可能なのです。


 

 

仮に、ハイドロキノンを使って3ヶ月以上経ち、元通りの肌にならなかった場合でも、医者から破棄するように言われるはずです。

 

安定性が悪く、酸化しやすいため取り扱いが難しいとされています。


 

強い成分の為、他の選択肢はないのですが、ルミキシルは色素細胞に対する毒性がないので3ヶ月以上使っても大丈夫なのです。

 

美白効果を実感できなければ悔しいですけど止めるだけですが、実感するとどうしても欲が出てしまい、「もっと白くキレイになりたいっ!」と言う気持ちになる方も多いと思います。
ハイドロキノンの場合は長期使用だと肌トラブルになってしまいますが、ルミキシルはその点、安心して使う事が出来るのです。

 

 

長期使用可能はどれくらいの期間が良いのか?

ルミキシルの期間は3ヶ月以上使い続ける事がオススメです。

 

2009年にモニター女性を対象に行われたルミキシルの臨床試験(Journal of Drugs in Dermatology)では使用後8週目に著しい改善が認められ、12週間後には40%、16週目では50%もの改善が認められたとの報告が出ているのです。

 

 

このような試験結果から、ルミキシルの期間は最低で3ヶ月間以上は継続しないと肌の改善がでていない事になります。

 

 

 

黒ずみ対策でルミキシルを使った方の口コミ

口コミ紹介 

 

20代 混合肌

今2本目に突入しています。シミも色素沈着なので、効かないと思っていましたが、やっぱりあまり効きませんでした。
ただ、顔全体のくすみが取れ、肌のキメが整う効果はありました。
私の場合は、夜お風呂上りのすっぴんにルミキシルを2プッシュほど顔全体に馴染ませています。
よほどの乾燥肌ではない限り、夜のお手入れはこれくらいで大丈夫かと思います。

 

 

30代 乾燥肌

劇的に回復したという実感は正直ありませんでした。使ったのは1本分だけです。多分、何本か試さないと効果は出ないものなんだなと感じました。効果のある方もいるかもしれないですが、私の場合はあまり効果がないように感じました。

 

 

40代 混合肌

効果があったようななかったような感じはしました。シミが出来ていた部分は若干ですが薄くなったように感じます。でも、それだけ。シミが少しでも薄くなった事が良い人なら買ってよかったなって思えるけど、私の場合は高い金額を出してたったこれだけの効果と思うと、正直リピートはあまりしたくないと思いました。違うもので試してみたいと思いました。

 

 

 

ルミキシルにも偽物がある!?

偽物!? 
一時期、正規品とまで明記している偽物が出回っていた事がありました。
やはり、知名度が高ければ高いほど人気になっていく事もありますから、必ず出てくるのが「偽物」なのです。

 

人気だから需要も増える!
それを逆手にとっていく悪徳業者もいるようですね。
これは知らない方がいれば最悪な結果となってしまいます。

 

ルミキシルの購入を考えている方は偽物に注意して必ず信用できる正規代理店などで購入することがポイントです!

 

 

 

ルミキシルが微妙であれば国産の黒ずみアイテムを!

黒ずみ対策 
ルミキシルを使ってみたけど効果がなかった

 

効果がないのであれば、違う対策をして脇の黒ずみを対策しなければなりません!
当サイトがオススメしているのが、国産で無添加の黒ずみ対策アイテムです。

 

口コミ評価も上々で、リピート率も高い!

 

販売台数も上々であれば、効果を実感している人達が少なくともいるはずです。

 

脇の黒ずみも高いものなら改善できるだろう!

 

そう考えていても、実際使ってみたら効果はなかった・・・。
ざらにあります。

 

黒ずみ対策商品は探せば探す程出てきます。
どれを使えば良いのか迷ってしまうのがオチです。
それなら、重点をおくのが「口コミ」です。

 

実際に使ってみた方々の感想を聞けばどれくらい脇の黒ずみがキレイになったのかわかりますよね。口コミが多ければ多いほどそれだけ信用できる商品だってわかります。

 

 

ただ、口コミでも嘘を書き込む人も中にはいるようです。
そんな場合は、詳しく書き込みがあるものだけを参考にすればよいと思います。嘘を書き込む人は大抵、「これを使えば黒ずみが改善された!」などと簡単に書いていると思うのです。

 

すべて良い口コミだけを鵜呑みにするのではなく、しっかりとデメリットも踏まえて口コミを確認することが大切だと思います。

 

当サイトでは、そんな口コミ評価が高い脇の黒ずみ対策の化粧品をご紹介したいと思います。

 

 

 

口コミ評価が高い!脇の黒ずみ対策はコチラ!